保有楽器一覧

Language : 日本語  ENGLISH

Stradivarius

ストラディヴァリウス1696年製チェロ

ロード・アイレスフォード

  • ロード・アイレスフォード

特徴

板目取りされた二枚板の裏板には中程度の幅の杢目が見られ、右底部の端にはストラディヴァリ自らが足した小さな接ぎ木がある。側板にも同様の杢目が見られる。四方柾目取りされた頭部にはよりはっきりとした杢目が見られる。表板は5枚板で出来ており、やや幅広の木目の松材である。オレンジと赤の中間色のニスが楽器全体にふんだんに塗られており、表板はより深みのある色合いである。見た目にはわからないが、演奏し易くするために、腕利きの職人によって楽器の縦の長さが短縮されている。この時代のストラディヴァリの代表的な作品である。

来歴

アントニオ・ストラディヴァリが製作したうち、現存するチェロは、約50挺といわれている。1780年頃このチェロは、有名な音楽家であったフェリーチェ・デ・ジャルディーニ(1716-1796)によってイタリアから英国ロンドンに渡り、同氏からアマチュア奏者として著名であったアイレスフォード卿が購入した。その後アイレスフォード家に約100年間所有されていたことからこの名前が付けられた。1875年にアイレスフォード家から、ロンドンの楽器商ジョージ・ハートに売却され、1880年にはHeath男爵の手に渡った。しかし1882年には再度ハートが楽器を購入したのち、ストラディヴァリウスの中でも著名な楽器を所有していた収集家として有名なリチャード・ベネット氏の手に渡った。チェロ奏者ではなかったベネット氏はこの楽器を1892年にヒル商会に預け売却し、1898年に今一度ジョージ・ハートが手にしたのちブエノスアイレスのKeene氏に売却された。1923年にはパリのMaucotel氏の手に渡り、シュトゥットガルトのHamma氏経由でドイツに渡った。のちに、フィンランド・ヘンシンキのHarry Wahl氏のコレクションに加わり、戦後、他の楽器の多くと共にニューヨークの楽器商エミール・エルマンに売却された。同氏経由で1946年には米国フィラデルフィア在住の世界的に著名なチェロ奏者グレゴール・ピアティゴルスキー(1903-1976)の手に渡り、1950年から1965年には巨匠ヤーノシュ・シュタルケル(1924-2013)によって演奏会や35枚のレコーディングのために使用された。1960年代後半ばにはスイス・ベルンのHenry Werro氏の手に渡り、その後Werro家により所有されていた。2003年6月、日本音楽財団はWerro家より楽器商を通じて購入した。

証明書

ストラディヴァリウス1696年製チェロ「ロード・アイレスフォード」

1966年10月12日付 Rembert Wurlitzer, Inc, Henry Werro宛て
1959年9月28日付 Emil Herrrmann, Hugh W. Long宛て
1946年10月22日付 W. E. Hill & Sons, Gregor Piatigorsky宛て

参考資料等

ストラディヴァリウス1696年製チェロ「ロード・アイレスフォード」

2003年4月23日付 Andrew Hill, 日本音楽財団宛てレポート
1946年10月21日付 William E. Hill & Sons, Gregor Piatigorsky宛て来歴書簡

“Violin Iconography of Antonio Stradivari: 1644-1737 ”by H.K. Goodkind (P261-262)
“Antonio Stradivari His Life of Work” by W. E. Hill (P116-118)
“How Many Strads?” by Doring (P89-91)

page top