保有楽器一覧

Language : 日本語  ENGLISH

Stradivarius

ストラディヴァリウス1709年製ヴァイオリン

エングルマン

  • エングルマン
  • エングルマン
  • エングルマン

特徴

裏板は、僅かに右下に向かって傾斜した小幅の杢目の見られる美しい一枚板で出来ている。側板の杢目はさらに小幅で、より鮮明である。頭部には幅広のぼんやりとした杢目が見られる。松材で出来た表板には、中心から小幅の木目が入り、両端で大きく広がっている。オレンジと茶の中間色の美しいニスが、ふんだんに楽器全体を覆っている。ストラディヴァリがこの時期に製作した楽器の特徴がよく表れており、格別に美しい状態のまま保存されている。

来歴

米国のアマチュア・ヴァイオリン奏者で収集家のエフレイム・エングルマン博士(1911-2015)が所有していたため、この名前で呼ばれている。

1951年に英国の楽器商ヒル商会からフランスの愛好家Pierre Lacombe博士に売却された。前の所有者の米国海軍士官ヤング中佐が第二次世界大戦で戦死するまで約150年間ヤング家が所有していた。その後、この楽器は、ニューヨークの楽器商ジャック・フランセを通じて、エングルマン博士に売却された。1996年5月、日本音楽財団が楽器商を通じて、エングルマン博士より購入した。

証明書

ストラディヴァリウス1709年製ヴァイオリン「エングルマン」

1998年4月7日付 Rene A. Morel Rare Violins, Inc.
1986年11月19日付 Jacques Francais, Ephraim P. Engleman博士宛て
1951年9月4日付 William E. Hill & Sons, Pierre Lacomb博士宛て

参考資料等

ストラディヴァリウス1709年製ヴァイオリン「エングルマン」

1996年5月10日付 Andrew Hill, 日本音楽財団宛てレポート
1951年9月3日付 William E. Hill & Sons, Pierre Lacombe博士宛て来歴書簡

“Antonio Stradivari: The Cremona Exhibition of 1987” by Charles Beare (P154)

page top