保有楽器一覧

Language : 日本語  ENGLISH

Stradivarius

ストラディヴァリウス1725年製ヴァイオリン

ウィルヘルミ

  • ウィルヘルミ
  • ウィルヘルミ
  • ウィルヘルミ

特徴

裏板は二枚板で出来ており、継ぎ目から斜め下に向かって小幅の杢目がくっきりと見られる。側板の杢目も同様であるが、頭部の杢目は簡素である。表板には中幅からやや広めの木目が見られる。ニスは、擦り減っていない個所は豊かなオレンジと赤の中間色で、それ以外は金色である。とても美しいストラディヴァリの代表的な作品で、音色も高く評価されている。

来歴

この楽器は、著名なドイツのヴァイオリン奏者アウグスト・ウィルヘルミ(1845-1908)によって所有・演奏されていたためこの名前が付けられた。法学博士でありアマチュア・ヴァイオリン奏者であったウィルヘルミの父親が彼のために1866年にこの楽器を購入した。ウィルヘルミの所有していた数多くのヴァイオリンのうち最も愛用されていた楽器だったが、公での演奏活動を休止して暫くたった1896年「演奏者として華のあるうちに引退したい」との理由で、50代の若さで楽器を手放した。その後は、彼の生徒であった米国シンシナティのヴァイオリン奏者、ヒューゴ・クーパーシュミットの手に渡り、生涯愛用した。そののち、ウーリッツァー社よりバルティモアの愛好家のJ. E. Greiner、そしてMaulsby Kimballに売却された。1944年には米国の実業家・発明家・美術品収集家トーマス・ファウィックが所有し、その後Gage氏の手に渡り、1971年にヒル商会に売却された。ヒル商会から極東の収集家の手に渡り、以降、香港で大切に保管されていた。2001年6月、日本音楽財団は香港の収集家より楽器商を通じて購入した。

証明書

ストラディヴァリウス1725年製ヴァイオリン「ウィルヘルミ」

1972年3月28日付 W. E. Hill & Sons, Ro
1944年10月6日付 Rudolph Wurlitzer Co., Thomas Fawick宛て
1921年6月3日付 W. E. Hill & Sons, Maestro Wurlitzer宛て

参考資料等

ストラディヴァリウス1725年製ヴァイオリン「ウィルヘルミ」

2000年4月17日付 Andrew Hill, 日本音楽財団宛てメモ
2000年4月12日付 Andrew Hill, 日本音楽財団宛てレポート
1921年6月3日付 W. M. EBSWORTH Hill, Wurlitzer宛て手紙

“How many Strads?” by Doring (P260)
“Antonio Stradivari His Life of Work” by W. E. Hill (P69)
“Violin Iconography of Antonio Stradivari: 1644-1737” by H. K. Goodkind (P582, P583)

page top