保有楽器一覧

Language : 日本語  ENGLISH

Stradivarius

ストラディヴァリウス1715年製ヴァイオリン

ヨアヒム

  • ヨアヒム

特徴

裏板は一枚板で出来ており、中程度の幅から小幅の杢目が水平に見られる。側板も同様である。頭部には中程度の幅の杢目が見られる。表板には均等な中幅の木目が見られる。レンジと黄金の中間色のニスは、擦り減った個所は温かみのある金と茶の中間色になっている。ストラディヴァリの黄金時代をよく表している作品で、作者の故郷であるクレモナ市が大切に保管している、同じ1715年に製作された有名なヴァイオリン「クレモネーゼ」と類似点が多い。裏板に使われている美しい木材は「クレモネーゼ」と同じものである。しっかりとした力強い作りであることも共通しており、演奏家にとって理想的な楽器といわれている。保存状態も素晴らしい。

来歴

著名なハンガリーのヴァイオリン奏者ヨーゼフ・ヨアヒム(1831-1907)が所有していたため「ヨアヒム」の名がついている。

ヨアヒムのコレクションにあった3本の1715年製ストラディヴァリウス・ヴァイオリンのうちの一つである。 Franz von Mendelssohnが保有していたとする説もある。ブダペストの地にてヨアヒムの手に渡り、彼の死後、ヨアヒムからヴァイオリンのレッスンを受けていた彼の兄弟の孫娘アディラ・アラニに、このヴァイオリンが遺贈された。アディラとジェリー・アラニの姉妹は1910年から1930年にかけてヴァイオリン・デュオとして名声をあげ、2人で頻繁に演奏活動を行っていた。そのためこの楽器は「ヨアヒム=アラニ」としても知られている。当財団が購入するまでは、アディラの遺族によって保管されていた。2000年9月、日本音楽財団は故アディラの夫と娘の代理人である英国在住のJane Camilloni夫人より楽器商を通じて購入した。

証明書

ストラディヴァリウス1715年製ヴァイオリン「ヨアヒム」

2000年9月13日付 John & Arthur Beare, 日本音楽財団宛て

参考資料等

ストラディヴァリウス1715年製ヴァイオリン「ヨアヒム」

2000年9月5日付 John & Arthur Beare,日本音楽財団宛て来歴書簡
2000年7月13日付 Andrew Hill , 日本音楽財団宛てレポート

“How Many Strads?” by Doring (P182 as “Joachim-Aranyi”)

page top