保有楽器一覧

Language : 日本語  ENGLISH

Stradivarius

ストラディヴァリウス1717年製ヴァイオリン

サセルノ

  • サセルノ
  • サセルノ

特徴

裏板は二枚板で出来ており、継ぎ目から下に向かって太目の美しい杢目が不規則に見られる。側板には太い杢目があり、頭部にはやや薄い杢目が見られる。表板の中心に小幅の木目があり、両端に向かうにつれ急激に広がっている。ニスは、擦り減っていない個所は豊かなオレンジと金の中間色で、それ以外は金と茶の中間色である。ストラディヴァリによる優れた作品の一つで、格別に美しい状態のまま保存されている。

来歴

フランスのサセルノ伯爵が所有していたことからこの名前で呼ばれている。サセルノ伯爵は1845年にパリの楽器商ガン&ベルナーデルよりこの楽器を購入し、1884年にスコットランドの楽器商デヴィッド・ローリーの手に渡った。1887年にはアマチュア奏者のDavid Johnsonの手に渡り、1894年にはヴァイオリン奏者のオットー・ペイニガーに売却。同年ヒル商会を通じてノーサンプトン市で醸造所を所有していたピカリング・フィップス(Pickering Philipps)の手に渡った。1906年に再度ヒル商会を通じて英国のヘンリー・サマーズに売却され、以後93年間にわたり同家によって保管されてきた。1999年5月、日本音楽財団はサマーズの孫娘にあたる所有者から楽器商を通じて購入した。

証明書

ストラディヴァリウス1717年製ヴァイオリン「サセルノ」

1999年5月14日付 J. & A. Beare, 日本音楽財団宛て
1906年2月24日付 W. E. Hill, Henry Summers宛て (コピー)

参考資料等

ストラディヴァリウス1717年製ヴァイオリン「サセルノ」

1999年5月25日付 Andrew Hill, 日本音楽財団宛て書簡
1999年5月5日付 J. & A. Beare,日本音楽財団宛て来歴書簡
1999年4月30日付 J. & A. Beare,日本音楽財団宛て書簡
1999年3月26日付 Andrew Hill,日本音楽財団宛てレポート

“How Many Strads?” by Doring (P213)
“Antonio Stradivari His Life and Work” by W. E. Hill (P61, 66)

page top