保有楽器一覧

Language : 日本語  ENGLISH

Stradivarius

ストラディヴァリウス1708年製ヴァイオリン

ハギンス

  • ハギンス
  • ハギンス

特徴

裏板は一枚板で出来ており、美しい中程度の幅の杢目が右下に向かって見られる。側板にも同様の杢目が見られる。頭部にはやや控えめの杢目が見られる。表板の中心には小幅の木目が見られ、両端に向かうにつれ僅かに波打ちながら幅が広がっている。裏板の豊かなオレンジ色のニスは薄くなり、金色に見えている。ストラディヴァリによる典型的なスタイルの作品で、保存状態も素晴らしい。

来歴

英国の天文学者ウィリアム・ハギンス(1824-1910)卿が所有していたことから、「ハギンス」と呼ばれている。

この楽器はかつて1870年代後半にフランスからウィーンの皇帝にもたらされ、1880年頃同皇帝から英国の楽器商ヒル商会にもたらされ、ハギンス卿が購入したが、同卿の死後、未亡人から再びヒル商会が購入した。次いで、著名な愛好家で収集家のリチャード・ベネットがヒル商会より購入した。1919年にヒル商会に戻り、同年、著名な収集家、Felix Kahnが購入、次いで1924年にこれをニューヨークのルドルフ・ウーリッツァー社がKahnより取得。同年ブエノスアイレス出身で名器を多数所有していた収集家Gustavo Hertenに売却された。1931年に当楽器をニューヨークのCharles Petschekが取得し、その後1990年3月、Petschekの遺族より著名なヴァイオリン奏者チョー・リャン・リンが購入し、コンサート及びレコーディングで使用してきた。1995年3月、日本音楽財団が楽器商を通じてチョー・リャン・リンより購入した。

証明書

ストラディヴァリウス1708年製ヴァイオリン 「ハギンス」

1995年3月27日付 John & Arthur Beare, 日本音楽財団宛て
1919年8月26日付 W. E. Hill & Sons, Kahn宛て

参考資料等

ストラディヴァリウス1708年製ヴァイオリン 「ハギンス」

1995年1月27日付 Andrew Hill, 日本音楽財団宛てレポート
1994年8月10日付 John & Arthur Beare, 日本音楽財団宛て来歴書簡
1945年4月27日-6月3日 ブルックリン美術館「アントニオ・ストラディヴァリ生誕300年、グァルネリ・デル・ジェス没後200年記念展」出展
1919年8月26日付 William E. Hill & Sons, Kahn宛て来歴書簡

page top