保有楽器一覧

Language : 日本語  ENGLISH

Stradivarius

ストラディヴァリウス1700年製ヴァイオリン

ドラゴネッティ

  • ドラゴネッティ
  • ドラゴネッティ
  • ドラゴネッティ

特徴

裏板は一枚板で出来ており、美しい中程度の幅の杢目が右上に向かって見られる。側板と頭部にも同様の杢目が見られる。表板の中心には極めて小幅の木目が見られ、両端に向かうにつれ幅が広がっている。落ち着いた色合いの金色のニスがほぼ全体に残っている。1960年発行のW. E. ヒル&サンズの証明書にあるとおり、製作当時のネックが現在でも使用されており、これは大変珍しいことである。ストラディヴァリによる典型的なスタイルの作品で保存状態の素晴らしい。

来歴

著名なイタリアのコントラバス奏者ドメニコ・ドラゴネッティ(1763-1846)によって大切に所有されていたことからこの名前で呼ばれている。

この楽器は、英国の楽器商Bettsによってイタリアから英国に持ち込まれ、1818年に著名なアマチュア奏者で他にも複数の名器を所有していた英国のRivasの手に渡った。1835年にde Rougemontの手に渡り、その後に著名なヴァイオリン収集家であった小説家のチャールズ・リードの元へ渡った。1852年にはロンドン・チープサイドのAlvey TurnerからBashallの手に渡り、1910年に英国の楽器商、ヒル商会が楽器を購入するまで、Bashallの家族により保管されていた。1912年には、20世紀で最も立派なイタリアの弦楽器コレクションを所有していたといわれるリチャード・ベネットの手に渡った。1929年にはベネットのコレクションすべてがヒル商会に託された。1958年に英国のバースで行われた展示会にヒル商会を代表する楽器として当楽器が展示された。1960年にはヴァイオリン奏者のアルフレード・カンポリ(1906-1991)の手に渡り、その後、西ドイツ銀行によって所有され、著名なヴァイオリン奏者、フランク・ペーター・ツィンマーマンに貸与されていた。2002年6月、日本音楽財団が楽器商を通じて西ドイツ銀行より購入した。

証明書

ストラディヴァリウス1700年製ヴァイオリン「ドラゴネッティ」

2002年6月20日付 John & Arthur Beare
2002年4月17日付 Andrew Hill
1988年6月23日付 John & Arthur Beare
1963年4月30日付 W. E. Hill &Sons

参考資料等

トラディヴァリウス1700年製ヴァイオリン「ドラゴネッティ」

2002年4月17日付 Andrew Hill, 日本音楽財団宛てレポート
1960年12月9日付 W. E. Hill & Sons, Campoli宛て来歴書簡

page top