はじめに

日本音楽財団は、1974年3月、日本国内の音楽文化の振興と普及に寄与することを目的として設立され、創立20年を迎えた1994年からは、西洋クラシック音楽を通じた国際貢献のため、弦楽器名器の貸与事業を実施しています。2012年4月には財団法人から公益財団法人となり、楽器貸与事業を通した音楽文化の振興・普及を公益目的事業としてかかげ、事業を推進しています。

日本音楽財団は現在、アントニオ・ストラディヴァリとバルトロメオ・ジュゼッペ・グァルネリによって製作された世界最高クラスの弦楽器を20挺(ストラディヴァリウス製ヴァイオリン14挺、チェロ3挺、ヴィオラ1挺、グァルネリ・デル・ジェス製ヴァイオリン2挺)を保有し、国籍を問わず国際的に活躍する演奏家や若手有望演奏家に無償で貸与しています。また、これら世界の文化遺産ともいわれる名器の保守・保全に関しては、次世代に継承するための管理者としての大きな責務を負っていることを自覚し、最大の努力を払っています。

日本音楽財団は、楽器貸与者による演奏会を日本国内外で開催し、名器の音色に触れる機会を提供しています。特に、10挺以上のストラディヴァリウスとその貸与者が一堂に会する「ストラディヴァリウス・コンサート」は、世界的にも稀な演奏会として話題になっており、チケットの売上金の全ては、原則として音楽振興や福祉のために使われています。

音楽文化の振興・普及のための助成事業においては、日本のみならず海外の音楽諸団体が実施する事業も支援し、当財団の演奏会事業を推進していくためのパートナーの育成に取り組んでいます。助成先は、外部有識者で構成される事業運営委員会の審議を経て決定されます。

これら日本音楽財団の事業は、日本財団の全面的な支援により実施されています。

年史

財団パンフレット

page top